首が回らない…(整形外科)

突然!首が痛い!!!

寒い日が続く今年の2月、目が覚めて首を回そうとしたした瞬間、痛みで首を動かすこともできませんでした。

たまにある「寝違え」かなぁと思って、2~3日様子をみることに。

だけど、首の痛さは一向に変わらない。

そこで、私は整形外科医院に行きました。待合室は長蛇の列…2時間近く待たされました。

やっと順番が回ってきて、いざ診察へ。最初、問診をしてからレントゲン検査…

すると先生に思わぬことを言われました…「ストレートネックですね。」…

もちろん初めて聞く症状だったので、いろいろ先生に尋ねました。

ストレートネックとは?

ストレートネックとは首の姿勢がうつむきになることによって、首から肩に負荷が掛かる症状だそうです。

そして私は施術室へ。

正直、もう何十年も整形外科医院なんて行ったこともなかったから、設備の多さにびっくりしました。

~ウォーターベッド・介達牽引・超短波/温熱療法・近赤外線治療器スパーライザー~

私は昼から用事があったので、とりあえずウォーターベッドと介達牽引をしてもらいました(両方とも初めて)。

「こんな設備で、本当に楽になるんだろうか?」と思いながらしたのですが、済んだあとは想像以上に首(肩全体)が楽になりました。

それから湿布薬を1週間分処方され、帰宅しました。

確かに設備によって楽になったのですが、問題は明日以降でした。

もちろん、少しずつでも楽になっていれば問題なし…でした。

しかし首の痛みは悪くなることはなかったのですが、良くなることもありませんでした。

私は「やっぱり、毎日設備を受けないと楽にならないのかぁ。」と思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ